千葉県津田沼(船橋市&習志野市)のスクールでの普段の様子を綴っています。スクールの詳細についてはホームページを ご覧下さい。 http://kadenapreschool.com/
Admin / Write / Res
「英語は何歳まで勉強し続けていれば忘れなくなりますか?」という問合せを時々受けることがあります。キッズは吸い取り紙のように物凄い勢いで何でも吸収します。反面、忘れてしまうのも早いため、持続が必要なのも事実。では先程の問いの答えは?
 
残念ながら たった1つの答え、というものは ありません。研究者達によって意見が分かれたり、諸説あります。また、その子を取り巻く環境にも大きく左右されることでしょう。ですが、どうも11歳~12歳ぐらいまで学習し続けていれば、以降の忘れは緩やかになる・・・という学説が有力と言いますか、1つの指標なんだそうです。(とある学説の紹介であり、当スクールは この学説を検証したり、支持したり批判したり、ということは いたしません。ご了承ください。)
 
この学説によると、小学生いっぱいまで英語学習を続けていれば、中学生以降は忘れが緩やかになる、ということになります。当スクールでは小学校に入学後も英語を持続するための環境を色々と用意しています。
 
アフタースクール(英語の学童保育)・アフタークラス(放課後の英語授業)・サタデークラス(土曜日クラス)に通うキッズは様々な事情により志半ばで退園するキッズが大多数、というのが実情です。が、当スクールに通えなくなったとしても、何らかの形で英語を続けていてほしい、そう願って やみません。
「チャンピオンになることよりも、それを守ることの方が難しい」これはスポーツの世界で よく言われている言葉です。英語力についても同じことが言えます。新たに学ぶよりも、今の英語力を維持することの方が難しい、そんな場合が多々あります。
 
例えば帰国子女で英語ペラペラだったキッズ。小学校に入学し、英語を話す環境が無くなったら、わずか半年で英語を全て忘れてしまいました。(そのキッズは小学校入学後、当スクールに通う機会がありませんでした)
 
例えば国際的な家庭環境で育ったキッズ。3歳の頃までは英語ペラペラでしたが、幼稚園入園直前に親が英語教育を突如停止。結果、3年間培ってきた英語が僅か3か月で全て消えてしまい。そのキッズは中学・高校・大学と ずっと英語学習に苦しめられ続け。今も英語教育を途中で止めた母親を恨んでいるとのこと。・・・これ、とあるスタッフの実話です。
 
折角当スクールのフルデイクラスで英語を学び、身に付けたのだから、小学校に入学した後も それを維持させてあげたい。フルデイクラスでの経験を無駄にさせたくない。そんな思いでスタッフはアフタースクール(英語の学童保育)およびアフタークラス(放課後の英語授業)、そしてサタデークラス(土曜日クラス)に携わっています。
 
幸い、当スクールを選んでくれた親御さん達にも同じ思いの人が多数いらっしゃり。フルデイクラスばかりに目が行きがちかもしれませんが、親御さん達からの信頼・期待に応えるべく、アフターおよびサタデーも全力投球です。
 
ということで今回の写真は今日のアフタークラス(放課後の英語授業)の様子。金曜日は英語力によって2つのグループに分けて授業を実施しているのに対し、火曜日は1つのグループで授業を実施しています。みんな、表情は真剣その物ですね。
さてさて、今日はイギリスから素敵なお客さまが3名いらしてくれました。
昨年の夏に『異国文化学習・イギリス編』を行ってくださったS教授が、今回はイギリスの小学校とプレスクールで働いている教え子の、EさんとGさんを連れてカデナに遊びに来てくださいました。


 年中・年長のクラスにはG先生。


3歳クラスにはE先生がレッスンをしてくれました。
カデナキッズ、今日は3人もイギリスから来てもらってよかったね。

1年後、E先生とG先生は海外で英語を教えることを 希望しています。
イギリスの教育より日本の英語教育はみんなが公平で、自由で楽しそうだし、いろんな経験ができていいですね。とお二人は語っていました。
また、ぜひお会いしたいですね。

S教授、1年前カデナを訪れてから、ずっとカデナキッズのことを気にかけて頂いて、
そして、今回このような機会を作ってくださり、本当にありがとうございました。
みんな嬉しかったですよ!
またのお越しを楽しみにお待ちしていますね。
今朝起こった出来事。
いつも通りの通勤電車が、突然止まった。事故により運転再開まで1時間とアナウンスがあった。
スクールの早番のスタッフ(外国人)に英語で遅れる旨を伝えて電話を切った。
すると、たまたま隣にいた方が声をかけてきた。
Excuse me,
振り向くと外国人の方だった。
遅延の理由が分からず困惑していたので説明してるうちに同業者かな?と思い、色々聞いてしまった。

Q.もしかしたら、English teacherですか?
A.はい、そうです。〇〇中学校でフルタイムで教えています。

Q.どちらのお国からいらしたんですか?
A.アメリカです。もう滞在して17年になりますが、お恥ずかしいことに日本語が分からなくて。多くのEnglish teacherは、日本語を使う機会が無いから。
私はアメリカで教育学を勉強しました。そして、日本に来た目的は日本人の方に私の国のことを話し教えたい。英語教育に意欲を燃やし来日したら、私は愕然としました。多くの外国人English teacherは観光ビザでついでに、といった軽い気持ちで英語を適当に教えてる。私は真の教育がしたいんですよ。
あなたは何でEnglish teacherになろうと思ったんですか?

と、聞かれ、

私は一言で言ったら、英語が好きだから。好きになったきっかけは、The  Monkees.です。私が小学生の時にテレビでモンキーズのコメディーShowを見て、楽しくって。そこで彼らが話す言葉が英語という外国語だと知り、ひっしで♪Daydream Believerを聴いて、カタカナで書いて歌詞を覚えましたよ(笑)

と言ったら、

へ~、なんかいいですね。私も初心を思い出しましたよ。ありがとう。
私はteachingをするときに色々こうしたい、ああしたい!ってアイデアがあるんだけど、日本人スタッフは、『そんなことやらなくていいんだよ。このテキスト使ってやってください。』って言われてね、日本人スタッフもそんなに英語教育に情熱がないみたいで。
あなたのスクールでは、どんな教え方をしてるの?小さい頃から英語を始めるのはメリットあるかい?

と聞かれ、

カリキュラムやテキストにそってのレッスンって、つまらないんですよね。ビギナーの先生にはあった方がいいとは思いますけどね。
うちのカデナアメリカンプレスクールでは、reading,writing,speakingも勉強するけど、その他に、スタッフが得意なものを生かして、フラダンスレッスンやバレエレッスン、体操とかやってるんですよ。キッズもスタッフも楽しんで生き生き出来たらなあ~って思って。
小さい時から英語をスタートした方が、『英語』『日本語』って区別がないから入っていきやすいです。

などなど。結局1時間ずっと話してしまいました。
初対面の通りすがりの外国人の方とこんなに意気投合するとは。
このように英語教育に真面目で真剣な人がいてとても嬉しかったです。

電車を降りるとき、カデナのチラシを渡したのはいうまでもありません。
いつか一緒に仕事が出来たらな。。。

そんな偶然ぽっかり空いた時間の出来事でした。


最近、ご見学の方が徐々に増え始め、今週はお陰様で毎日ご予約をいただいています。

異国からの帰国、他のインターナショナルスクールからの転園をお考えの方、保育園からの転園、海外に行くための英会話の準備、親御さんが英語が苦手だったので自分の子には同じ思いをさせたくない方、などなど理由は様々です。

そのような中、どれくらい経ったらどれくらい英語がしゃべれるようになりますか?と質問いただきました。

カデナでは、最近入園者の低年齢化が進んでいます。フルデークラスでも、1歳代の子が毎日18時まで滞在している子もいます。入園して約3か月、1歳の子も

Mama ,coming soon!

May I borrow?

Almost finish!

とセンテンスで会話が出てきています。

1日の中で英語で生活している時間が長ければ長いほど、吸収も早いと思います。

今週からは、新スタッフも入り また楽しさパワーアップ!


みんなこれからもヨロシクね。カデナに来てくれてありがとう!
♥ Webログ内検索 ♥
♥ カレンダー ♥
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
♥ プロフィール ♥
HN:
シノブ / マイ
性別:
非公開
職業:
語学講師

Copyright (c)カデナ・アメリカン・プリスクールWebログ All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika