千葉県津田沼(船橋市&習志野市)のスクールでの普段の様子を綴っています。スクールの詳細についてはホームページを ご覧下さい。 http://kadenapreschool.com/
Admin / Write / Res
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
二学期に入ってから、クリスマスコンサートに向けて毎日練習を重ねました!
スタッフも増え、美術系が得意なスタッフ、保育士さんから見た準備内容、バレエ担当スタッフによるダンス指導、そして勿論全て英語での発表。

全クラスが毎日全体練習をしていたので、歳の違う他のクラスの発表も皆が覚えてるくらいで、当日も元気に楽しそうにステージに上がってないときでも歌ったり踊ったりしてました!

年長さんになると、朝、登園したら指示しなくても自由時間中に自主的にダンスの練習をしていました。そういう姿を観て小さいキッズも学びます。

時には自分の姿を動画で観させて自分の課題点の修整をしました!

2才~6才のキッズ全員、ステージで笑顔。泣く子は一人もいなかった。
パパやママに喜んでもらえるよう、家でもドアを閉めて秘密の練習!

だからこそ、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあちゃん達は当日の発表を観て、本当にビックリした!素晴らしかった!と、感動してくださいました!

毎日、保護者様から言葉をかけて頂いてます。中にはどんなに良かったか、長文メールを頂いたり、15分くらい感動を話して伝えてくださった方もいらっしゃいました。深い感動が伝わってきました。

10年前から通っていた卒園生のパフォーマンスも最高だったと評判で、それを見て、
どんな形でもいいからカデナのお手伝いに入りたい!とおっしゃってくださったご両親もいてくださいました。

カデナの連帯感は素晴らしいです。

大きいキッズが小さいキッズの面倒を良く観てくれるので、代々受け継がれます!

本当に、楽しかった!

カデナキッズを本当に誇りに思います!!!

毎日、来てくれてありがとう❤
感謝感謝です✨✨✨



先週 卒園式が ありましたが、卒園生キッズと1つの約束をしていました。
「卒園の言葉を ちゃんと述べることができたら、ご褒美として卒園遠足に行こう。」
卒園式当日、大勢の人達が見守る中で卒園生全員がとても立派に言葉を述べることができました(勿論、全部英語で)。では約束なので、卒園遠足に行きますか!
 
行き先の希望を募ったところ・・・満場一致で とある施設に決まりました。遠足当日が雨天だった時に何度か お世話になったことのある施設。業務提携というほど大袈裟なものではないものの、とある縁が切っ掛けで時々お世話になっている場所です。今回の卒園生達が前回ここに遠足で来たのは1年半前にまで遡りますが、キッズは その時のことを鮮明に覚えてくれているんですね。
 
ということで、数名の引率スタッフが同行し、ユーカリが丘にある子育て支援施設「ユーキッズ」に行きました。卒園生達にとっては今度こそ最後となる(フルデイクラスでの)催し事となります。そのため、楽しそうに遊んでいるキッズの様子を見守っているスタッフは どうしても複雑な心境になってしまいます。とはいえ、思いっ切り暴れ回っているキッズの気持ちは常に前を向いています。大人達も これを見習わなければいけませんね。スタッフはキッズに教えるばかりではありません。キッズに教えてもらうことも沢山あります。
 
お弁当の時間は部屋を貸し切りにしてもらいました。ずっとトップギアで暴れ続けていたので、すっかりガス欠状態。ここで燃料を補給した後、後半戦に突入です。
 
宴も酣(たけなわ)ではありますが、お時間が来たようなので撤収します。大切な思い出が また1ページ、です。
今日は本年度最後の授業実施日となりました。とはいえ、キッズには まだ「年度末」やら「進級」といった概念が分からないので、いつもと変わらず手加減無しに全力投球です。
 
今年度最終日の昼食は・・・キッズお待ちかねのランチパーティーです。今回の献立は映画「わんわん物語」でお馴染み、スパゲティーのミートボール乗せ。調理を担当するのは学生時代にイタリア料理店でアルバイト経験のあるスタッフです。
 
みんなで手を合わせて、さぁ、いただきます。キッズは底なしの食欲を見せ、お代わりの要請が続出。こんなこともあろうかと、今回は見込みよりも かなり多目に用意しておいて正解だったようです。
 
卒園式の後も通い続けていた年長キッズにとっては、今回が最後のランチパーティーとなりました。この昼食の時間が このまま ずっと続けばいいのにな、そう感じる瞬間でした。
 
当スクールは明日から束の間の春休みに突入します。4月からは新入生が多数入園予定です。また、卒園生達は小学校の入学式直前ギリギリまで引き続き当スクールに通うのもまた伝統(?)となっています。
卒園式当日は毎年天気に恵まれる傾向にあり、今年も卒園生達を送り出すのにピッタリの天気となりました。まずは恒例、卒園式の開始に先立ち、卒園生達による本格風の記念撮影。今年度の卒園生達は かなり長きにわたって通ってくれたキッズが多いため、通い始めた頃と比較して立派に成長したことを強く感じました。
 
いよいよ卒園式開始。お陰様で通ってくれるキッズの数が右肩上がりで、毎年 列席者数が過去最大を更新しています。式の進行は いつものように全て英語。そのため、親御さん達の中には何を話しているのかが分からない人も いたかもしれません。でも心配ご無用。いつものように式の様子はスタッフが撮影し、日本語字幕付きのDVDを作成・配付することになっています。
 
 
在園生や沢山の親御さん達が見守ってくれる中、卒園生達は きちんと英語で卒園の言葉を述べることができました。年中生達も別れの言葉を英語で言えましたね。

 
 
規模はクリスマスコンサートほどではないにせよ、この日はキッズが歌と踊りを披露。キッズは練習の成果を思う存分発揮してくれました。クリスマスコンサートから まだ3か月しか経っていませんが、その3か月の間にキッズは随分成長したんだなと感じています。
 
式が無事に終了した後は全員が大集合しての記念撮影。この面々での撮影は これが最後となります。ですが今年度の卒園生全員が4月以降も当スクールのアフター(英語環境の学童保育/授業)に通うことが決まっており。フルデイクラスを卒園する寂しさと、4月以降も引き続き当スクール(のアフター)に通い続けてくれるという嬉しさ・安心感が同居する妙な心境でした。
 
後半は お待ちかね、昼食の時間です。高い会費を払っているので、皆さん しっかりとモトを取ってくださいね~。・・・と言われるまでもなく、キッズは無尽蔵な食欲でした。
 
ここまで盛大に卒園式を実施していて何ですが、翌平日からは何事も無かったかのように、普段の授業が執り行われます。卒園生達も3月いっぱい・・・どころか、4月に入ってからも小学校の入学式直前までフルデイクラスに通い続けます。この拍子抜けもまた毎年恒例となっております。
3月に入り、春の足音が徐々に大きくなってきたように感じます。もうすぐ雛祭りということで、今日の昼食は それにちなんだランチパーティーを実施しました。
 
普段のランチパーティーと違っているのは、今回は調理実習も兼ねている、という点。各自でオニギリを持参し、そこに色々と飾り付けをして、雛人形に見立てます。この作業を楽しく感じるか、それとも苦痛に感じるかはキッズそれぞれですが、親御さん達が毎朝お弁当を作ってくれることが どれだけ大変かを理解し、感謝の気持ちを新たに・・・いや、小難しい話は無しにしましょう。
 
ともかく無事に完成。同じ材料を使っているはずですが、毎回 夫々に個性が出てきますね。

 
みんなで早速いただきます。お味の方は どうかな? 一足早い雛祭りを堪能したキッズでした。
♥ Webログ内検索 ♥
♥ カレンダー ♥
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
♥ プロフィール ♥
HN:
シノブ / マイ
性別:
非公開
職業:
語学講師

Copyright (c)カデナ・アメリカン・プリスクールWebログ All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika